×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ルール
げせ(Gesenikki):不足分があったら早々聞いて下さいっ
ラオPL::最初、お金って幾ら貰えるのん?
げせ(Gesenikki):数値で30です。300万です。
レイヴンPL:もどりましたー。先生!メモリ20枚差しとか有利すぎます!
げせ(Gesenikki):メモリ高いから大丈夫あと熱量!
トニーPLさんこんばんはー
レイヴンPL:こんばんはー! ひとまずキャラ作ってみまーす
トニーPL:こんばんはですー、初めてで緊張してます。
げせ(Gesenikki):GM初めてで緊張です!よろしくね!
レイヴンPL:あれ、冷却装置も複数装備可能!? これは1つのほうがいいんじゃないです?
げせ(Gesenikki):1つ装備だとMPが少なすぎる…
レイヴンPL:それじゃ試しにちょっとひどい組み方してみちゃいます!
げせ(Gesenikki):あーこれはー!(遅い)メモリもうちょっと高くして冷却装置のマイナス効果を大きくするとかでいけるかなー
レイヴンPL:メモリ超増設&ファンだらけのトーテムポールPC! 最低ランクの装備がコスト良すぎる感じがしますね。
げせ(Gesenikki):メモリを安くしてファンの効果を下げておきますっ
ひどすぎた
レイヴンPL:はーい対応しておきますねー
げせ(Gesenikki):多少マシになった。よかった
レイヴンPL:はーい質問! ウィルスダメージってHPです?MPです? それともウィルスA=HPでB=MPです?
げせ(Gesenikki):両方HPですー
レイヴンPL:ありがとうございます! ってことはMPは使わない限り減らないデザインなんですね
げせ(Gesenikki):よっぽどの事がない限りオーバーヒートしないです、今の所は
(URLを貼って)トニーPLさんここにキャラシート書いて下さいー。キャラクターシート例を見れば大体書いてますんでー。
トニーPL:了解しましたー
ラオPL::じゃ、キャラ作りますね
げせたんは、トニーPLさんを出来る限りサポートしてあげてね
げせ(Gesenikki):了解です!ゞ
変なところわからないところあったらどんどん質問してくださいねー。
MPが1でも今の所スキル使用しなければオーバーヒートしないや。むー
ラオPL::さすがにメモリなしのコンピュータはダメだよね、ははは
レイヴンPL:Memory error Memory error Memory error Memory error Memory error
げせ(Gesenikki):きっとキャッシュの容量が抜群に多いんだ
ラオPL::を? 512GBの二枚挿しのほうがHPお得感じ
冷却が滞るか……
レイヴンPL:ハッキング系ゲームだと1ターンに2つも3つも別プログラムを同時に展開できたりするのがあるので(※もちろんペナルティはある)、同時起動するたびにMP-1されるとかそんなんでもいいですね。って今からやると用意された敵バランス崩れるけど!
げせ(Gesenikki):敵の用意してない(即行で作る気)
それいいとおもいます。同時起動。
レイヴンPL:ひい!>用意してない プレイヤーと同じ強さの敵を用意するとまず全滅しますよキャー
げせ(Gesenikki):初期資金25くらいの敵を用意しておこう。
(水冷装置高すぎるかな…安くしておこう
レイヴンPL:防御破壊支援系で行きます!
トニーPL:質問ですー。判定方法の2D6とかってどういうことなのでしょうか
レイヴンPL:6面サイコロ2個振った値って意味です
ラオPL::2D6
あ、ボットが……
レイヴンPL:げせさーんダイスBOTお渡ししまーす!
げせ(Gesenikki):まだダイスぼっと起動してませーん
レイヴンPL:あ、あるならいいです
げせ(Gesenikki):(コロコロ…) 2D6 : 6 (3,3) [ 計:6 ]
トニーPL:了解です (コロコロ…) 2D6 : 4 (3,1) [ 計:4 ]
げせ(Gesenikki):おっけい
ラオPL::  (コロコロ…) 2D6 : 10 (6,4) [ 計:10 ]
レイヴンPL:DEF+2D6で、DEFが2だった場合は
2+2D6 なんて具合に入れればいいわけですね。
レイヴンPL:  (コロコロ…) 2D6 : 7 (1,6) + 2 [ 計:9 ]
ラオPL::うわ、一円余ったぞ
どうしよう
CPU二つ積もう!
レイヴンPL:10万円もあったらワイロに・・・え?ハッカーはワイロなんて出さない?
ラオPL::支援用ソフト無しのぶんなぐりマシンになりました
レイヴンPL:錠前破りのレイヴンと呼んで、ふふっ (防御ダウン系)
ラオPL::アバターはおじいちゃんです。
中国の山奥の仙人みたいなイメージで
クンフーでぶんなぐります
げせ(Gesenikki):とりあえずは防衛ミッションで始めようと思ってますので。
ラオPL::入ってきた敵をぶんなぐります。クンフーで
レイヴンPL:はーい。生身の本体設定は自由なんですよね?
それともマトリックスみたいな世界で全員寝てるのかな?
ラオPL::生身は小学生みたいにしよう……
げせ(Gesenikki):マトリックスイメージです。
ラオPL::寝てた?
もう生身なんて必要ねぇな、脳みそありゃ十分だ!
レイヴンPL:えーと全員がポッドみたいなところにおさめられててー動けない場所で生活してるー
住人は仮想空間で生活!
とかそんな感じ?
ラオPL::ポコポコって緑の液体の中で脳みそだけ浮いている……?
げせ(Gesenikki):脳内にマイクロチップが埋め込んであって、PCの上に寝たらダイブ?
ラオPL::携帯電話を頭の中に埋め込んでて、あ、電話かきた、なに、ファイル転送する。あちょっとまって、いま寝るところ探すかZZZzzzzz.....
なるほど!
レイヴンPL:脳内の世界観がカオスになってきたぞ! 攻殻機動隊のちょい原始的な感じかなあ。
ヴァーチャル体験ドラッグが蔓延しているのはよく分かった!
ラオPL::MMOで引き篭もって、でもゲームの世界では大手ギルドのギルマスなんですね!
げせ(Gesenikki):ファンタジーMMOは高級ですね。ちょっと手が伸びにくいぐらい
レイヴンPL:「美女との一夜体験」なんてヴァーチャル体験ソフトが売ってる!
ってガープスサイバーパンクにあった気がします。
げせ(Gesenikki):未開のジャングルを開発するMMOやたくさんの料理を作るMMOが人気です。
ラオPL::美女もソフトなんでしょ!!! >一夜体験
いや、もしかしたらネカマかもしれない!!!!! いやーーーー!!
レイヴンPL:一夜体験、なんてのは、たしかAさんが記憶チップ埋め込んでその体験をする → チップをコピー → 他の人は記憶だけ再現して楽しむ って感じのお話だった気がします
ラオPL::自分から自発的な行為は出来ないんですか?
レイヴンPL:そうですね。電脳化しすぎた世界のお話ですから今回とはちょっと違うかな。
げせ(Gesenikki):運営はすべてAIが統括しているでしょう。現実では必要なカロリーとビタミン類の摂取しかしない!
ラオPL::趣味によってソフトが細分化されそうですね……ロリ用、ペド用、熟女用
レイヴンPL:ユートピアだ〜>AI統制世界
ラオPL::これはおかしいぞ、なぜコンピュータに支配されているんだオレたちは!
そして始まる、人類VSコンピュータ!
げせ(Gesenikki):会社の経営等はその会社の社長や会長がします。AIが決定するのは基本的な事かな。例えば資源をどれぐらい使っていいかとかの。
ラオPL::AI「シャチョサン、ソレハツカイスギアルヨ」
げせ(Gesenikki):AIの決定で火星や月にも資源探索ロボを送り込んだり。
ラオPL::というか、トニーPLさん、無事か?
レイヴンPL:あんまり本編と関係無いかもしれませんが一般的なサラリーマンの私生活の紹介が欲しいですね。
いちおうアパートから出かけて会社に行くのかお家からネットでお仕事するのか、食事は毎日の配給があるのか買い物に行くのか。
レイヴンPL:シフトさんは順調に進んでる印象ですよ! すごいまともだ! あと6ポイント!
げせ(Gesenikki):一応職場があってそこのPCから会社用のネットに入って仕事します。機密を守る為に記憶は出社時に消されます、達成感しか残らないように。
レイヴンPL:予想以上にヤバい社会生活だった!
げせ(Gesenikki):(人から情報が漏れ出るのを防ぐためだ、仕方がない)
ネットから現実に戻るときに会社用のPCだとフィルタがかかる感じかな。
見学者A:(経験の蓄積ができないから仕事の技術がいつまでも新人、になりそうで……)
レイヴンPL:さすがにそれだけ記憶処理すると脳みそは電脳化、っていうか、ある程度機械化してないとできないですよね。
げせ(Gesenikki):会社のデータバンクの中には社員の記憶が入っています。
ラオPL::こわいよー、こわいよー
レイヴンPL:「さて、みんなは今回の仕事についての記憶が消去されたよ! 次回へ続く!」
見学者A:(ほ、ホラー……! きっとその記憶が自我を持って反乱を!)
げせ(Gesenikki):そのデータバンクの中身を襲撃するのもハッカーです
ラオPL::お金はもらえるからパワーアップはできる
げせ(Gesenikki):ハッカーは自宅のPCからダイブしてます。外部から雇われる感じです。傭兵的な
レイヴンPL:ハッカー的には生身やられるのが一番こええ
ラオPL::セコムしないと危ない
げせ(Gesenikki):もちろん素性は簡単に明かせないようになってないと駄目でしょう。
レイヴンPL:トニーPLさんのアバターがメガネだけという驚愕のキャラに
見学者A:(素子「電脳を焼き切られるぞ! 攻性防壁をつけろ!」)
ラオPL::マダオか!>眼鏡のみ
レイヴンPL:新しい・・・。
げせ(Gesenikki):メガネ単体とか濃いっ
レイヴンPL:とちさん、メモリ容量が既存の500倍くらいあるよ!?
ラオPL::あれ、結構レイヴンPLさんも
あ、TBになってるw
レイヴンPLさんもカラスだし、トニーPLさんはメガネだし、
レイヴンPL:全員合体!
ラオPL::わたしだけ普通の人間体
げせ(Gesenikki):キャラクターシート例が樽ですからね。はい
ラオPL::どうやって戦うの?
ねぇ、どうやって戦うの?
レイヴンPL:カラスのアバターはシャドウランリプレイにもいたはずだっ。あれ、カラスだったかな?
げせ(Gesenikki):眼前にウィンドウが出てきてCUIが動いたあとグハッてなる可能性
レイヴンPL:(シャドウランはペルソナっていうんだっけ)
ラオPL::どうでしたっけ、あとで調べてみるですよ
トニーPL:(なんとか作成完了!)
レイヴンPL:おめでとうございます!
げせ(Gesenikki):おめでとうございます。
ラオPL::ありがとうございまうす!
レイヴンPL:トニーさんは長期戦向きなデザインですね
トニーPL:初めてなので様子を見て戦えればと思いまして
げせ(Gesenikki):敵にウィルス使いいるよ大丈夫かなあ(バレ
レイヴンPL:DEF proはポイントが重すぎる!
げせ(Gesenikki):まともにダメージを受けるのも一考
ラオPL::えー、ぶんなぐりキャラやりたいのにー
レイヴンPL:プロテクトダウナーの効果は次の自分のターンが来るまででいいですかね?
レイヴンPL:(そもそもイニシアチブとかそういう要素があるのか謎だけど)
げせ(Gesenikki):DEFpro高いのは仕方ないですよ。効果結構強いはず。
多分そうです>プロテクトダウなー
イニシアチブ1D6にしておきましょう
イニシアチブは戦闘順を決めるダイスです(説明)
レイヴン:大きい順番から行動できるんですよね
げせ(Gesenikki):20時!準備できましたねー
では開始します。

貴方達は仕事の依頼で、ある会社の応接ネットワークの中に居ます。
応接ネットワーク内は自由にドリンクや食事なども取れるようです。
レイヴン:よろしくお願いしまーす!
電子飲み物ー!
トニーPL:よろしくですー!
ラオPL::よろしくおねがーいするである
げせ(Gesenikki):飲み物の種類は、ヤギの乳ヨーグルト、コーヒー練乳、等です。
レイヴン:準備OK! ぼっちらぼっちらいきましょー
「(あれ、この企業って乳製品が多かったっけ・・・)」 と思いながらお飲み物をいただきます! ツンツン
ラオ:お互い生身はしらないアルか?
レイヴン:(しまった、社会交流のベースがアバターならこれだと人間型のほうがよかったなあ)
レイヴン:「メガネがなんか飲んでる・・・」 とトニーさんを見て言うんだ、きっと。
GM:応接室に、依頼者と見られる人が入ってきます。
依頼者「やあ、今回の依頼についての話をしよう。」
依頼者「今、コンピュータの技術は進歩し、本物そのもののような体感をする事が出来るようになった。」
依頼者「その様になったのは世界中での資源の枯渇があったからというのは知ってのとおりだ。」
依頼者「資源が高騰し体感ソフトの方が安い為、色々な体感ソフトが開発されている、そのソフト開発に当たって、アイデアはとても重要なものだ、そのアイデアをどうやって守るか、その過程で君たちにお願いしている訳だ。」
依頼者「どうかこの防衛に手を貸してくれないか。報酬はたっぷり出そう。」
依頼者のアバターは柴犬です
レイヴン:ぶっ
ラオ:わんこアルか、よしよし、いい子アルネ
レイヴン:「もちろん引き受けますとも、私たちは仕事で来たのですから」 とカラスは胸を張ります。
「(そこの仙人さんいきなり依頼人に何やってるのー!?)」
ラオ:「わたしのクンフーで侵入者は撃退するアルヨ」
(ダメだ、仙人なのに、すごく軽薄そうだ……)
トニー:やぁ柴犬くん とメガネは出迎えた
GM:撫でられている依頼者「ならばここのネットワークの玄関口まで移動してくれ。そこにファイアーウォールもはってある。」
レイヴン:「(メガネ(※メガネ単体)も軽いー!?)」
ラオ:メガネは宙に浮いているの?
レイヴン:「かしこまりました!」 と依頼人に言って移動しますよ。
にしてもこの世界は完全に見た目=ネットワークになってるんですね。
ラオ:たぶん、瞬間移動アルヨ、シュンっ!
(瞬間移動だけに)
レイヴン:「(゚д゚)」
トニー:(メガネは浮くことも可能だが、エネルギー消費が激しいから普段は着地しているのだ)
レイヴン:あ、多少遅れても発言していいんですよ! リプレイになる場合は仮に3分差を超えてでも編集の人がそれぽい文脈に並び替えてくれます!> トニーPLさん
見学者A:(レイヴンさんのツッコミにご期待ください……ッ!)
GM:会社ネットの玄関口で少々待っていると、別のハッカーと見られる人物が近づいてきます。
ラオ:好きに発言してもGMが拾ってくれるアル
レイヴン:「むむっ、誰だろう。依頼人さん、あの人は知ってる人ですか?」
ラオ:そして、わたしは今回、ツッコミもできるアルヨ、クンフーで!
レイヴン:と依頼人に聞いてみます!
あ、いなかった!
GM:依頼者はもういないですの
トニー:(了解しましたです! >レイヴンPLさん
ラオ:社員証をパネルにかざす仕草とか無い場合は敵とみなしていいアルか?
GM:その後ろには他にあと2人ついてきているのが見えます。
レイヴン:ちゃんと許可を得て入って来た人なのかな?
GMさーんこの人が不法侵入かどうか分かります?ここってオープンなネットワークじゃないですよねたぶん。
GM:(正直社内ネットワークの玄関に近づいているのはハッカーしかいない)
ラオ:「あー、キミ達、わたしはここの企業から防衛を任されている者アルが、」
「どちらさまアルか?」
レイヴン:敵!? 敵かな!? 戦闘プログラムをロード!(※演出的に)

「そこで止まりなさい! 認証コードその他を見せない場合は敵と見なす!」
ラオ:カラスが戦闘モードに入ったアル、仕方ない、わたしも戦闘モードに入るアルヨ
GM:ハッカーらしき人物A「あっここだここだ、ここで依頼のデータを入手すればいいんだな?」
ハッカーらしき人物B「そうだろうと思います。向こうもハッカー雇ったようですね。」
GM:と言う会話が聞こえます
レイヴン:「(いきなり敵だー! しかも堂々と話してるー!!)」
ラオ:腕につけた鉛の輪をがっしゃーんと外して
準備運動を、
背伸びー
ボキボキ
トニー:「敵か…」
レイヴン:「皆さまに自己紹介するより先に腕前を見せるときが来たようですね」
といいつつ本格的に戦闘準備!
ラオ:メガネがつぶやくのはシュールアルネ
GM: 会社側ファイアーウォール これが壊れれば敗退です (コロコロ…) 1D6 : 1 [ 計:1 ]
ラオ:脆い
GM:耐久度5
脆いっ
レイヴン:5!ちょっとおおお会社なにやってるのおおおおお
1攻撃もたないよ!
GM: リテイク (コロコロ…) 2D6 : 5 (1,4) [ 計:5 ]
5x5で25で
レイヴン:25! ファイアーウォールの効果が2D6になりました
GM:会社の物のみです。
レイヴン:ああ、急設じゃないから2D6でいいですよね。なるほど。
ラオ:急遽、会社のSEが、やヴぇ、ちょっと強化しておくか……
GM:敵ハッカーA(以後A)「さて、いっちょやってやりますかッ!」
イニシアチブロールを振ってください。1D6です
ラオ:「タイガーボードは火に強いアルヨ」(GMには通用しなかったけどな!)
レイヴン:うおおおーHP欄用意するまえに戦闘始まっちゃった! 今用意しましたー
 イニシアチブ! (コロコロ…) 1D6 : 5 [ 計:5 ]
GM:ありがとうございます!>HP欄
 敵イニシアチブ! 1 (コロコロ…) 1D6 : 1 [ 計:1 ]
 敵イニシアチブ! 2 (コロコロ…) 1D6 : 2 [ 計:2 ]
 敵イニシアチブ! 3 (コロコロ…) 1D6 : 5 [ 計:5 ]
敵遅いっ
トニー:イニシアチブってなんだー!追いかない!)
レイヴン:えーと、1D6を振ります! それが戦闘の行動順となりまーす
ラオ:  (コロコロ…) 1D6 : 6 [ 計:6 ]
GM:イニシアチブは戦闘順を決めるダイスです(説明)
レイヴン:【ただいまの行動順】
 ラオ(6) →レイヴン・敵3(5) → 敵2 (2) → 敵1(1)
ラオ:大きい順番に行動できるアルヨ
トニー:  (コロコロ…) 1D6 : 4 [ 計:4 ]
レイヴン:ラオ(6) →レイヴン・敵3(5) → トニー(4) → 敵2 (2) → 敵1(1)!
戦闘はこの順番で処理が進んでいきまーす
GM:ではターン進行します!ラオさんどうぞ!
ラオ:えーと、じゃぁ敵Aさんを集中攻撃するアルヨ
レイヴン:「了解!」
ラオ:通常の攻撃でいいアルか?
レイヴン:ラオさんは通常攻撃以外できないんじゃ?
ラオ:  (コロコロ…) 2D6 : 11 (6,5) + 3 [ 計:14 ]
レイヴン:(ブーッ)
GM:強いーっ!
レイヴン:Aさんに14ですって
ラオ:クンフーの力を見せ付けたアルヨ
GM: 敵A防御! (コロコロ…) 2D6 : 7 (4,3) [ 計:7 ]
敵Aに7点ダメージ!
レイヴンさんどうぞ!
レイヴン:「敵は防御プログラムがないみたいですね、一気に畳みかけますよ!」
ラオ:開始早々の崩拳一閃アルヨ
レイヴン:これだと攻撃したほうが早いかな? ではAさんに攻撃します!
GM:「グハッなかなか効くぜっ」
レイヴン: AさんにATKプログラム! (コロコロ…) 2D6 : 7 (6,1) + 1 [ 計:8 ]
GM: 敵A防御! (コロコロ…) 2D6 : 5 (3,2) [ 計:5 ]
レイヴン:うーん期待値通り。一個目が6ならプロテクトダウナー使えばよかった・・・。
おお! でも3ダメージ入った!
GM:3点ダメージ!累計10点です
GM:「ちっ!かすったか!」
レイヴン:「ふふん」
GM: 敵C行動!普通にファイアーウォールに攻撃! 攻撃! (コロコロ…) 2D6 : 6 (4,2) + 3 [ 計:9 ]
GM:ファイアーウォールに9点のダメージ!
レイヴン:「(ギャーこれは次のターンで破られるー!)」
ラオ:阻止できないアルカ?
レイヴン:ファイアーウォール強制解除ならあるんですけどねえ」
GM:ファイアーウォール残り16点!
次トニーさん行動どうぞ!
レイヴン:これは次にAを仕留めないと本ターン中に終わるケース!
GM:(Aは攻撃キャラじゃないんだよな…)
トニー:「よし、敵AにATK01攻撃!
GM:あと1ターンで落とせる敵でもなかったり。
攻撃どうぞ!
トニー:  (コロコロ…) 2D6 : 11 (5,6) + 1 [ 計:12 ]
GM:ぶっ
ラオ:見た目を聞かなかったけど、見た目で分からぬ世界感
GM: A防御 (コロコロ…) 2D6 : 7 (4,3) [ 計:7 ]
レイヴン:敵はメガネが3体かもしれない!
GM:5点ダメージ!
「まだまだァ!」
Bのターン!
レイヴン:「15点でも落ちませんよー仙人さんメガネさんこれはヤバいかもー」
GM:Bはファイアーウォールを使用!
 MP3消費
 強さ (コロコロ…) 1D6 : 2 [ 計:2 ]
2*5で10!
ラオ:ぶんなぐりキャラだけど一番HPの低い仙人とは、わたしのことアルヨ
レイヴン:すごい中途半端だ! ラオさんが50%の確率で破壊できる程度に固い!>10
トニー:(メガネはフォルム変形(フレーム変形)でいろんな物理アタックができる…)
GM: 敵Aの攻撃!ラオにウィルスA使用!
 命中 (コロコロ…) 3D6 : 9 (2,5,2) [ 計:9 ]
ラオさんはDEF+2D6してください
ラオ: 回避 (コロコロ…) 2D6 : 9 (6,3) + 1 [ 計:10 ]
GM:ぶわっ
レイヴン:Aさんこれで18点ダメージ? タフだなー
ラオ:心の眼で敵の動きが見えるアルヨ
GM:敵AのHP-3 18点受けても立ってます!
レイヴン:「これはAさんウィルスしか持ってない説!」
GM:「なかなかやるじゃねえか!」
ターン経過時に1D6HPを回復するか選択できます!そのときにはMP4消費!
レイヴン:ファイアウォールの?>HP
GM:PCのです
レイヴン:自分のHPなら全員マックスですね
ラオ:プレイヤーキャラクターであり、パーソナルコンピュータでもある、なかなか便利アルな
GM:ファイアーウォールしか狙ってこない説。なぜCに攻撃をしないのです。
次のターンです。ラオさんどうぞ
レイヴン:まずトニーさんまでの行動の段階だとBとAに攻撃能力があると思っていたからですね!
ラオ:どうするアルか、Aを潰しておくアルか?
レイヴン:「ラオさん!行動を遅らせてください! 私がプロテクトダウナーを使いますのでCをやりませんか!」
というのはいかがでしょう
ラオ:「ナイス判断あるな。待機アル」
GM:行動を遅らせれば次ターンも持ち越しで。
レイヴン:でも行動遅らせられるのかな? ああ、じゃあラオさんは5にしてもらえばいいのかしら
GM:次どうぞー。
レイヴン:はーい イニシアチブ変更概案
レイヴン・敵C・ラオ(5) → トニー(4) → 敵B (2) → 敵A(1)
ではCにProtect-downer!使います!HP3消費!
 防御ダウン! (コロコロ…) 1D6 : 6 [ 計:6 ]
GM:ぶっ
レイヴン:うっひょおお
ラオ:これは拳が唸るアル
トニー:メガネも頑張れます
ラオ:GM、Cさんに攻撃してもいいアルか?
レイヴン:「Cの防御プログラムを解除して丸裸に! セキュリティすっかすかですよ!」
GM: 敵C最期の攻撃
  (コロコロ…) 2D6 : 7 (4,3) + 3 [ 計:10 ]
レイヴン:ファイアウォールさんHP16→6!
GM:ファイアーウォール残り耐久6点
トニー:ファイヤーウォールピンチ!
ラオ:きゃー
レイヴン:次ラオさんかな
ラオ:殴っていいアルか?
GM:どうぞどうぞ
レイヴン:「いまCさんは全裸も同然!さあ!」
ラオ:ではCさんに攻撃するあるよ
 Cにこうげき (コロコロ…) 2D6 : 3 (1,2) + 3 [ 計:6 ]
ぶはっ
ちょっと酒が足りなかったアルヨ……
GM: C防御! (コロコロ…) 2D6 : 2 (1,1) − 3 [ 計:-1 ]
ラオ:飲めば飲むほど強くなるアルヨ……
GM:ぶっ
ラオ:ゲラゲラゲラ
レイヴン:どっちもひどい・・・
低レベルなハッキング対決が繰り広げられております
GM:7点ダメージ!敵Cはその場から消えます!
トニー:防御できないC…
ラオ:倒れた!?
トニー:なにっ!?
レイヴン:でもBさんが通常攻撃してきそう。これでパリーンかなあ
ラオ:ファイアーウォールを守るアル
GM:トニーさんどうぞー
ラオ:(「かばう」を発動します! ダメだよね? 分かってるさ……)
レイヴン:(まだファイアーウォールソフトがあれば企業製に上書きできるかもしれませんね)
トニー:メガネに何ができるか…!
レイヴン:Aがウィルス専と判断してBに攻撃するか、それともAにとどめを刺すか、ってところですよねー
レイヴン:トニーさんのご自由に!
GM:敵B状態 ファイアーウォール
トニー:Bを倒してみたいけど、難しい。
Aにトドメを!希望はある。
レイヴン:(おっと、プロテクトダウナーのHP減らしておくの忘れてました、レイヴンHP14→11)
GM:Bに攻撃した場合ファイアーウォールの壁越しになります。
Aに攻撃ですね、ATK+2D6どうぞー
トニー:Aに攻撃 ATK+2D6
  (コロコロ…) 2D6 : 6 (3,3) + 1 [ 計:7 ]
GM: A防御! (コロコロ…) 2D6 : 6 (2,4) [ 計:6 ]
1点ダメージ!まだAは消えません!
ラオ:ぶはっー Aは吹き飛びましたアル! を期待
レイヴン:なんとしぶとい
GM:「そろそろやばくなってきたなあ!」ブツブツと消えかかっています
トニー:メガネは燃え尽きた…(シューッ
GM: 敵Bのターン!ファイアーウォールを上書き!MP4消費!
  (コロコロ…) 1D6 : 1 [ 計:1 ]
ラオ:弐萬円堂でHP回復
GM:敵Bファイアーウォール耐久度11
レイヴン:あれっ、15じゃ?
ああ、重ね掛けすると+1D6!
レイヴン:という新ルールがリアルタイムで!
GM:ファイアーウォールをその場で作る。1D6*5の耐久力。MP3消費
通常攻撃で突破可能(10/1ダメージ貫通)突破されない限りウィルスを完全に防げる
重ね掛けした場合+1D6
レイヴン:次Aさん!
ラオ:目を瞑っても避けられるアルヨ! たぶん!
GM: Aのターン!ファイアーウォールに攻撃
 「もうそろそろ壊れそうだぞ!」 (コロコロ…) 2D6 : 4 (2,2) [ 計:4 ]
レイヴン:6→2!
GM:残り耐久2
レイヴン:「Aさんは攻撃できたんですね、これは困りましたね」
トニー:やべぇ!
GM:次ターン!レイヴンさんラオさんどうぞー
ラオ:とりあえず、Aにとどめアルな
レイヴン:「またプロテクトダウナーからのコンボでAさんを沈めますか!」
ラオ:「それがいいアル」
レイヴン:では、AさんにProtect-downer使用! HP-3で HP11→8!
トニー:それでいきましょう
レイヴン: AにProtect-downer! (コロコロ…) 1D6 : 1 [ 計:1 ]
うん、そろそろ1が来ると思ってたんだ・・・
ラオ:oh……
GM:防御-1点!
ラオ:しかし、ここで、クンフーの奥義を見せるあるよAに攻撃
レイヴン:大丈夫、自分が攻撃した場合の期待値も1点だから! 2人で攻撃すれば+2点だよ!
ラオ:  (コロコロ…) 2D6 : 4 (2,2) + 3 [ 計:7 ]
GM: 敵A防御 (コロコロ…) 2D6 : 7 (6,1) [ 計:7 ]
レイヴン:さっきからいまいち伸びないダメージ!
ラオ:まだ酒が足りないアル……
レイヴン:1ターン目に活躍しすぎましたね
GM:0点でしたー(したり顔)←Protect-downerの効果を忘れていた
次トニーさんどうぞ!
ラオ:メガネのつるを、Aの尻の穴に刺します!
レイヴン:しかし ダメージを あたえられない!
トニーさんどうぞー
トニー:Aに攻撃! 2D6+1
ラオ:ぬっふー
レイヴン:あ、ダイス部分は先頭でお願いします!
トニー:  (コロコロ…) 2D6 : 6 (2,4) + 1 [ 計:7 ]
レイヴン:「ミッション……失敗……!」 十字を切って
ラオ:さぁ、夜逃げの準備アルヨ!
GM: A防御! (コロコロ…) 2D6 : 5 (3,2) − 1 [ 計:4 ]
 さっきの判定-1し忘れていたんで1ダメージですスイマセン
レイヴン:あ、そういえば自分でも忘れてた補正。
GM:3ダメージ!Aは徐々にノイズが大きくなりヴンッと消えた。
レイヴン:「合計23ダメージ! ぐえええ硬い硬い」
ラオ:やはり、尻の穴に刺したメガネのツルが致命傷になったアルか……
レイヴン:1ダメージ入ってましたね
レイヴン:「でもまだ敵Bが!Bが! ああ、窓に!窓に!」
トニー:A硬すぎ! (くるくる回りながら)
見学者A:(トニーPLさん、ロールお上手だなぁ)
ラオ:「ちっ、潮時か」Bは逃げ出した
お願いします
レイヴン:GMと一瞬間違えたじゃないですかああ!>ラオさん
GM: 敵Bのターン! 相変わらずファイアーウォールを重ねます!
 「味方ハッカーの損傷を確認、現在の味方1人、よって防衛を続けます」 (コロコロ…) 1D6 : 1 [ 計:1 ]
レイヴン:「なんだろう、この人のファイアーウォール全然厚くならない」
ラオ:てへぺろぉ〜(・ω<)
レイヴン:「というか、AIだこのひと!」←この後AIの実装をしました。
GM:耐久度+1で12
レイヴン:「ほっといたら熱暴走しそうですがかわいそうなのでデリートしてしまいましょう」
ラオ:敵の目の前で延々と自分の防御力を固めているアル
GM:レイヴンさんラオさんどうぞ!
トニー:攻撃をしてこないから助かった…
レイヴン:では次ターンですね。 「私のExtinguished-meltで強制解除してBさんタコですかね」
ラオ:イメージだから波動拳も可能なハズ、アル……
レイヴン:じゃあExtinguished-meltでBさんのファイアーウォールを強制解除! 
HP-3! HP8→5!
ラオ:アバターイメージとしては必殺技で倒すアルヨ
見学者A:(レイヴンさんがしんじゃう!>HPそろそろ……)
ラオ:いくぞ、真空波動拳!
GM:強制解除使用確認!
B「敵ハッカーのソフトの使用を確認、ファイアーウォールの強制解除確認」
レイヴン:(まだターン終了時のMP4消費緊急回復ができるのでもうちょっといける!)
ラオ: Bに攻撃 (コロコロ…) 2D6 : 10 (6,4) + 3 [ 計:13 ]
ほら、クンフーはウソつかないアル
GM:流石
 B防御! (コロコロ…) 2D6 : 3 (1,2) [ 計:3 ]
レイヴン:「その技をさっき見せていただければもっとラクだったのにー!」
ラオ:両手の拳から放たれた青白い波動が敵Bを消し去る!
画面ピカピカしてSpecialComboKnockOut!
GM:なるほど、それではBは陽炎のように消え去りました。
レイヴン:「ふう〜。そろそろこっちの処理能力が限界ですよ。ファイアーウォールも直してもらわないと・・・」
ラオ:「その前に、整理運動をするアル……」
トニー:メガネのレンズはラオの波動が反射し、きらめいていた。ピカピカ
ラオ:深呼吸、すぅはぁー、すぅはぁー
レイヴン:「It's Cool.」 >ラオさんに
ラオ:仙人は細かいコトを気にしないアル、間違ってもいいアルヨ
身体を冷却中ある。COOLだけに!
GM:会社のネットワーク本体(社長アバ)「おお!よかった!敵の侵入を防いだようだな!次の敵がくるまでいても良いぞ、すぐに戻って報酬を渡してもいいが」
見学者A:(あ、そっか、あいぽんだっけ!>修正)
レイヴン:ファイアーウォールやぶれそうなので早く修復をお願いしまーす!」
えっ、これだけ?
ラオ:わんこ、かわいいアルな
よーしよし、よーしよし、
レイヴン:「あやうく敵の正体を掴むところまでミッションにされるところでしたね・・・ふう〜」
GM:社長アバター(ビルディング)
依頼者じゃないよ!
ラオ:ビルディング、かわいいアルな
レイヴン:社長のアバターはビルらしいですよ
ラオ:よーしよし、よーしよし
仙人は細かいコトを気にしないアル
レイヴン:ビルに向かって「よーしよしよし」してるラオさんを白い目で見ています。
「(よしよしする対象なんだ・・・)」
トニー:同じくレンズ越しに眺めるトニー
ラオ:っていうか、ワンコもネットワークに繋がっているかもしれない世界感
レイヴン:さて、これからどうすればいいのかな? 報酬もらえばいいのかな?
GM:社長「よしファイアーウォールの修復はしておこう!次の敵が接近するまでは応接室で休憩でも取ってくれ」
ラオ:戦闘前に外した鉛の腕輪を再び装着するアル、
見学者A:(ぺろっ……これは、休憩中・修復中に襲撃が来る味!)
レイヴン:「さっきはなにげなく敵が出てきたからびっくりしましたね!」 なんてラオ・トニーさんと歓談を。
GM:  ファイアーウォール修復 1 (コロコロ…) 1D6 : 4 [ 計:4 ]
  ファイアーウォール修復 2 (コロコロ…) 1D6 : 3 [ 計:3 ]
  ファイアーウォール修復 3 (コロコロ…) 1D6 : 3 [ 計:3 ]
  ファイアーウォール修復 4 (コロコロ…) 1D6 : 2 [ 計:2 ]
  ファイアーウォール修復 5 (コロコロ…) 1D6 : 1 [ 計:1 ]
  ファイアーウォール修復 6 (コロコロ…) 1D6 : 6 [ 計:6 ]
19点回復!
ラオ:アバターだから訓練しても成長しないだろうけど、アバターはクンフーの修行しているアルヨ
レイヴン:21点しかない・・・これは2発で破られる危険が・・・。
あ、GM! HPやMPは回復してもいいんですか!
GM:HP2D6回復、MP2D6回復でっ!
レイヴン: ではHP回復! (コロコロ…) 2D6 : 8 (4,4) [ 計:8 ]
ラオ:深夜4時から20分間は敵味方なくメンテナンス時間という設定がですね……
レイヴン:HP5→13/14! あと1点を緊急回復させてもいいんですがもったいないですね
ラオ:では、わたしが気孔で回復させるアル(何キャラなんだ仙人
奇行?
レイヴン:「あーそこそこ、ぎもぢいい〜、ってそんなのありませんから!」
ラオ:奇行で回復させるアル!
(あー、中の人は平常運転だ。レベルにしか思われていないアル……)
見学者A:(うん……)
レイヴン:「ネットワークでもいやだー!」>ラオさん
ラオ:カラス、くちばし、いたい、いたい!
ラオ:仙人の腋汗を舐めると傷がみるみる回復するという伝説を知らないアルか?
GM:ビル(社長)今は社長の中にいます「ゆっくりと休んでくれ、ハッカーらしきIDが近くに複数接近しているが、少し休憩するぐらいの余裕はありそうだ」
レイヴン:「休憩させていただきます!!」 プシュー、CPU放熱放熱
ラオ:ほら、さっきの戦闘ですこし汗をかいたから舐めるといいアル
ほらほら
GM:交流どうぞどうぞ。
ラオ:うへへへ
レイヴン:「大変です! ここにいる仙人がセクハラを!」
ラオ:そう、実はわたしはこの企業を潰すためにライバル企業に雇われた二重ハッカー!
トニー:メガネの心は白い目だった
ラオ:なんでやねん!
レイヴン:「(なんて労働環境なんだ! 早く帰りたい!)」 
GM:メガネに性別ってあるんですか?!
見学者Pさんも途中参加していいんですようふふ
ラオ:見学者Pさんはリアル企業戦士なので休んでいただいてですね……いま、たぶん放熱中です
見学者P:(お疲れ様です。いまからキャラメイクして参戦するのは尺的に無いでしょうから観戦に専念させてもらいます!)
トニー:メガネ自体には性別はありませんが、精神(魂)は男性です。
レイヴン:プシュー
ラオ:メガネにも腋汗を塗ってやろう……
塗り塗り……
レイヴン:ラオPLさんのいつも通りのヘンタイロールなので気にしないで下さい
トニー:メガネはプカプカ浮いて回避体制に
ラオ:イメージだからね! これはネットワーク上のアバターのイメージだからね!
見学者A:(半分ロール半分……ケフ!)
トニー:(タケコプター顔負けの移動力を誇るメガネ!)
ラオ:ラーメンで曇るメガネ女子はいいですよね
GM:社長「そろそろ出向いてくれるかね、近くにいるようだ」
レイヴン:カラスだけど移動モーション付けるのめんどくて立ちポーズのままスーっと移動します
GM:ぶっ
ラオ:なにあるか? ラーメンアルか?
レイヴン:「お客様ですよ」
といって入口へ参ります。
ラオ:こっちがラーメン作るアルか!?
トニー:メガネはさっき浮いて疲れたのではぁはぁいいながら浮かずに移動する
レイヴン:地面をずりずり移動するメガネ・・・だと・・・!?
ラオ:(見学者Pさん、おつかれっす)
つるが両足になって移動するんです
仙人だから瞬間移動アルヨ、しゅ(ry
トニー:匍匐前進的な
レイヴン:「こちらは21点しかないファイアーウォールしかないですよー泣ける−」 といいつつ迎撃態勢
3人PLもいいですなあ。5人とかよりも絡みやすい!
GM:今度は敵は一人のようです
ラオ:よし、イメージなんだから、今回は筋肉ムキムキのプロレスラーみたいな肉体に……
GM: 1 (コロコロ…) 1D6 : 1 [ 計:1 ]敵ウォール(設置済み)
 2 (コロコロ…) 1D6 : 2 [ 計:2 ]
トニー:さーて、もういっちょ行きますか
と迎撃体制へ
レイヴン:ぶふー
GM:5+2です。しょぼいー
ラオ:いや、やっぱり仙人だからなー、ヨボヨボだけど強い系だよねー
アル
レイヴン:「硬くても私が1ターンでやぶっちゃいますよ」 といいつつ戦闘ソフトロード!
イニシアチブ振っていい?
ラオ:いいよ
GM:どうぞー>イニシアチブ
レイヴン: イニシアチブ! (コロコロ…) 1D6 : 3 [ 計:3 ]
ラオ: 仙人 (コロコロ…) 1D6 : 4 [ 計:4 ]
老酒のラオだからね、もう、名前から老人の老だからね
トニー: Megane OSを起動。イニシアチブ! (コロコロ…) 1D6 : 3 [ 計:3 ]
ラオ:MeganeOS!?
レイヴン:「OSまでメガネだと・・・!」
現状  → ラオ(4) → レイヴン・トニー(3) →
ラオ:Windowsマークのところにメガネが表示されているのか……
ちなみに、ラオのOSは割って(ry
トニー:メガネ族ではメジャーなOSです。
(設定広げすぎた)
レイヴン:メガネ・・・族・・・!?
でも、ここまで来たらむしろメガネの人が絶滅種なのかもしれませんね
GM:敵の強制解除!会社のウォールは消え去った…
ミッションチェンジ!敵の侵入を阻止せよ!
ラオ:ラオのOSは中華サーバーから無料ダウンロードしたOSなので、公式アップデートが来ると止まるかもしれない
レイヴン:敵もファイアーウォール破り持ってたー! イニチアシブどうぞ
GM: 3ターンまでに敵を倒せ!
 敵イニシアチブ! (コロコロ…) 1D6 : 2 [ 計:2 ]
レイヴン:「この錠前破りソフト40万円もするんですけどねえ・・・」 っていうか40万円なら安いなー
ラオ(4) → レイヴン・トニー(3) → 敵(2)!
ラオ:ファイヤーウォールなんて飾りです。偉い人にはそれが分からんのですアル
アル忘れるアル
レイヴン:ということでまたラオさんが一番ですって。これがクンフーか・・・!
ラオ:クンフーは最強アルヨ
GM:そして敵ファイアウォールが7点
トニー:クンフー無双…!
ラオ:行動力をひとつ落としますアル
レイヴン:ああ、それじゃまた私が一発目でFW解除しましょうか。
GM:ラオさん了解!
ラオ:それがいいアル
トニー:お願いします
レイヴン:味方が全員イニシアチブ3! ではまずは敵にExtinguished-melt! 
残りHP13→10へ! FWやぶれろ〜ブワワー
GM:トニーさんどうぞ!
ラオ:メガネは面白いワザ、無いアルか?
レイヴン:3ターンもありますからトニーさんのアレは使えそうですね
ラオ:(く、チャンスなのに、キャラが違う!)
トニー:ウィルス使用を検討するメガネ
レイヴン:ゴーゴー!
FW破ったのでいちおう通るはずです。
ラオ:気を練っておくアルヨ
トニー:よーし、ウィルスA! HP10→7
GM:ウィルスの使用は3D6なんだよ!じいさんに負けたけど
レイヴン:(はーい、トニーさんのHP減らしておきまーす)
トニー:  (コロコロ…) 3D6 : 10 (2,3,5) [ 計:10 ]
ラオ:クンフーの力で避けたアルヨ>敵ウィルス
レイヴン:(実に期待値!)
ラオ:ま、まぁ、期待値アルヨ
GM: 敵回避 (コロコロ…) 2D6 : 4 (3,1) + 3 [ 計:7 ]
ラオ:よし、決まったアル
GM:敵にウィルス付与
ラオさんどうぞ!
レイヴン:「防御プログラムはDEF-002! 硬い! 硬いですよこの敵!」
ラオ:(もー、アル面倒臭いアルから、リプレイのときプログラムで付けてくださいアル)
レイヴン:(もしかしたらDEF-Pro-002かも)
ラオ:硬くてもクンフーで殴るアルアル
 まずはパンチ連打 (コロコロ…) 2D6 : 12 (6,6) + 3 [ 計:15 ]
レイヴン:期待値0ダメージもありますからね!
来たあああ!
ラオ:なんで!?
GM:クリティカル!
ラオ:必殺技より強い通常パンチ!
GM: 敵防御! (コロコロ…) 2D6 : 6 (5,1) + 3 [ 計:9 ]
レイヴン:6ダメージ!
ラオ:ちょっと本気を見せてしまったアルヨ
GM:敵「さっさと通らして貰うぞ」
レイヴン:敵のターン!ひえー
ラオ:「いまの攻撃を見ても分からないアルか?」
トニー:そうはさせん! (レンズを光らせ
GM: 敵のウィルスB!
 対象ラオ! (コロコロ…) 3D6 : 7 (1,5,1) [ 計:7 ]
GM:ぶわ
ラオ:「おまえさんには勝てないアルヨ!」
レイヴン:敵のウィルスがふるわない!
ラオ:避ければ問題無いアル
 避け (コロコロ…) 2D6 : 11 (5,6) + 1 [ 計:12 ]
GM:ぶっ
ラオ:ココにきて仙人無双炸裂
トニー:(喜怒哀楽表現がレンズの光り具合という)
レイヴン:「な、なんですって! 無駄にすごい回避! ラオさんはスーパーハカーだったのか!」
ラオ:オレの親戚はスーパーハカーなんだぜ……
レイヴン:あ、ターンの最後にMP4を使ってHP1D6回復を使ってみたいんですがいいですかGM! というかこれを使うと行動消費したりしますか?
GM:行動消費なしです!MP負にもなれます
レイヴン:おおー! じゃあ一発分だけ緊急回復しまーす! プシュー!
 HP回復!(MP+-4) (コロコロ…) 1D6 : 1 [ 計:1 ]
GM:ぷしゅー
ラオ:MPがマイナスになった時のペナルティは何ですか!?
レイヴン:HP10→11! MP6→2!
GM:
熱が上がれば一時的にクールタイムが必要
クールタイムは現在MP+15-最大MP
トニー:(オーバーヒート?
レイヴン:単位はターン?>GM
GM:ターンですー
レイヴン:-2+15-6=7ターン! つまり我々レベルだと6〜7ターン停止ですね
ラオ:すごい停止時間アル、これは危険アルな
レイヴン:では回復も完了したので次ターンいいですよー
ラオ:次のターンもコッチからアルな
レイヴン:まずはボスにProtect-downerかなー
GM:次ターン!あと2ターンです
レイヴン:「ではあいかわらずProtect-downer、行きますよ!」
ラオ:「次で終わりアル……」
レイヴン: 敵にProtect-downer、HP+-3 で HP11→8! (コロコロ…) 1D6 : 2 [ 計:2 ]
うーんまあまあ
GM:敵防御ー2!
レイヴン:これでこのターンの期待値+4ダメージです。十分!
ラオ:先に殴っていいアルか?>メガネ
GM:トニーのターンの前に敵のウィルスダメージを
ラオ:あぅぅ、メガネが先あるか
レイヴン:そういえばウィルスダメージ出してなかった!
ラオ:これだと、またキルマークが付いてしまうアルヨ
あまりに強いクンフーに対して、クンフースレイヤーが現れるアル! 怖いアル!
トニー:えと、どうすれば。
ウィルスダメージ出せばいいのかな?
GM:ウィルスダメージは1d3です!
トニー:  (コロコロ…) 1D3 : 3 [ 計:3 ]
レイヴン:ジュワワワ
GM:敵にウィルスで3ダメージ!
累計9点!
レイヴン:あとラオさんとトニーさんの行動ですかね
ラオ:ラオ攻撃するアル
トニー:ラオさんやっちゃってください
ラオ:最後はメガネに譲るあるよ、
GM:(このターンに倒される可能性も十分あるわ…)
ラオ: 昇竜拳 (コロコロ…) 2D6 : 10 (5,5) + 3 [ 計:13 ]
すげぇ!
レイヴン:うひょー!
トニー:わーい(くるくる
レイヴン:防御−2も来てるのでこれはけっこういけますよ!
GM: 1敵防御 (コロコロ…) 2D6 : 5 (3,2) [ 計:5 ]
8点!
レイヴン:素ダイスの時点でこっちに風が吹いてるわ・・・。
ラオ:いや、これはクンフーの力アルヨ
GM:最後トニーさんどうぞ
ラオ:メガネ、トドメのチャンスアル!
レイヴン:今の総ダメージは17です!
トニー:二枚のレンズから光線が生成され、敵に放たれた!
ラオ:光線!
トニー: 攻撃! (コロコロ…) 2D6 : 5 (3,2) [ 計:5 ]
レイヴン:ATKを+1して6!
GM: 敵防御 (コロコロ…) 2D6 : 7 (3,4) + 3 [ 計:10 ]
レイヴン:防御-2しても通らず! 残念!
トニー:光線!
GM:やっと期待値でた(瀕死)
レイヴン:PLで出目がいい人はGMで出目が悪くなるのかっ
GM:敵「なかなかやるな・・・ザザッ」
敵ターン!敵のウィルスB
  (コロコロ…) 3D6 : 15 (5,5,5) [ 計:15 ]
対象ラオさん
レイヴン:せんせークリティカルしても防げません
ラオ:またうぃるす?
トニー:ウィルスもラオさんの事が好きなのか(レンズを光らせて
ラオ:くぅぅ、どうしようも無い
 いちおー防御 (コロコロ…) 2D6 : 3 (1,2) + 1 [ 計:4 ]
レイヴン:いまだにPCに一回も直接攻撃が来ない!
ラオ:ああ、もうやる気失せてるわ、仙人……
レイヴン:やる気のないガード!
【ラオさんウィルス侵食中】
ラオ:ヤメロー、ヤメロー
GM:次のターンどうぞー
ラオ:クンフースレイヤーか……
レイヴン:最終ターン、やっぱりProtect-downerが一番効率いいんですよねえ
ラオ:早く敵を潰せば問題ないアル
レイヴン:「そろそろ6来ますよ!見ててください!」(フラグ)
では先行してボスにProtect-downer! HP8→5!
 「丸裸にしてやるー!」 (コロコロ…) 1D6 : 6 [ 計:6 ]
GM:最初に6でてたじゃん!
レイヴン:「フッ」
ラオ:きたー!
GM:なんで
ラオさんトニーさんどうぞー
トニー:(ウィルスってまだありますか?)
GM:ハイ
レイヴン:ということでボスさんは防御-6です。
ラオ:あ、ウィルスのダメージは3ターン継続じゃなかったっけ?
レイヴン:ルールにダメージの発生タイミングも書いておくとよさそうですね
トニー:じゃあまだあるかな。
とりあえずウィルス分出しますね。
GM:どうぞー
トニー: ウィルス行くんだ! (コロコロ…) 1D3 : 2 [ 計:2 ]
GM:敵「この俺が…負けた…?」シュン
ラオ:えええええええ!!!!!
GM:敵は消え去りました
レイヴン:19ダメージ!おおー
ああ、ウィルスで自爆した分も入れるともっとかな?
ラオ: ためしに昇竜連破を撃ってみよう
 どりゃー (コロコロ…) 2D6 : 10 (4,6) + 3 [ 計:13 ]
GM:ウィルスはBだった。はい
ラオ:ほら、ピカピカエンドだったのに!!!
GM:  (コロコロ…) 2D6 : 8 (4,4) − 3 [ 計:5 ]
レイヴン:では19点で落ちたわけだ! うひょー架空の8点ダメージ!
トニー:トニー「ウィルス、よくやった。
ウィルス「キャッキャッ
ラオ:ウィルスがペット!?
レイヴン:「ペット・・・!?」
GM:ウィルスの見た目も自由にどうぞ。
ラオ:リスとかだとかわいいね……
うん、よーしよし、
レイヴン:「ふー、今日は二回もセキュリティ丸裸にできて気持ちよかったなあ!」 なんて言いながら。
トニー:タコさん(アウト
ラオ:タコなの!?
レイヴン:偉い人に撃退を報告しに行くのかな!
タコさんいいのよ! 触手で! ボスが!
ラオ:イカ娘が侵略したらタコウィルスで迎撃するアルカ!
レイヴン:では進まないと困るので報告しに行きます宣言だけしておきます。
タコに襲われるイカっ子ですか、はは・・・
GM:社長(ビル)「なかなかいい働きだったぞ、中に入っていいぞ」
レイヴン:「ビル(社長)の中に!?」
ラオ:ビルの中に!(意味深
GM:ビルの中に
見学者A:(ひわい)
GM:どこが
レイヴン:「(意味が分からないよ・・・)」 社長アバターさんに入ります
ラオ:いやー!!!!
トニー:メガネも安定の匍匐前進
ラオ:あ、でも中国の歴史ではそういうこともあるアル
レイヴン:「ラオさんのおっしゃってることもよく分かりません」
見学者A:(ラオさんの解釈は多分私と同じ)
GM:社長の中に応接室あるんですよ何もへんじゃないよはっはっは
見学者A:(レイヴンさんは確実に意味を理解しているッ……!)
ラオ:社長の中に応接室……
トニー:お、応接…
レイヴン:「『アバターに入れない』という既成概念を打ち壊すイノベーションで社長業をやっておられると!すばらしい!」
GM:社長「褒められても何も出んよ、設備は一式入っていますがの」
ラオ:なんとなく、ぬるぬるしてそうで怖いアル
トニー:よっ、しゃちょー!
(じゃあ天の声みたいになってるわけか)
レイヴン:そしてたぶん相変わらずモーションなしでソファーまで移動しています。スゥー
ラオ:瞬間移動でしゅ!(三回目
トニー:匍匐前進(疲れた)
レイヴン:「(さて、報酬がいただける予感ですので黙って聞いていましょうか)」
GM:応接室にて
依頼者「これぐらいが今回の報酬かな、社長がちょっと華を付けてくれたようだな」そう言って240万(総額)を交渉ウィンドウに出します。
ラオ:80万も貰えるアルカ!
レイヴン:「3人で分けて80万円ずつですね、これはいいですね」
ラオ:設備投資が捗るアル
トニー:「いいんじゃないかな
レイヴン:「私としては大満足です」
ラオ:次会うときはウルトラマンみたいにでかくなっているアル
GM:「では、また次にでも。」
終了?終了。
レイヴン:「いつでもお仕事をお待ちしておりますよウェヘヘ」
と言いつつログアウトします! うまいもんが食えるぞーって配給でしたっけ!
何はともあれお疲れ様でした!
トニー:お疲れ様でした。またよろしく頼むよ。(夢のDEF-PRO)
GM:お疲れ様でしたっ!
トニー:終わりかな?
ラオ:たぶん、せっせと新しいパーツを買うんだろうね
見学者A:お疲れ様ですー
ラオ:おつかれでーす
見学者P:お疲れ様でした。今頃敵ハッカーはニューロンを破壊されてビクンビクンしていますね!
レイヴン:MMOワールドのようでいてそうでもない不思議な世界観でございました。こういうのもいいですね!
見学者A:救急車……ておくれ!>ニューロン
レイヴン:今のところHPが0になってもPCが再起不能になるだけですかね?
PC=パソコン? PC=キャラクタ−?
GM:今の所そうです。
トニー:初参加でいろいろと至らないところもありましたが楽しめました!
ラオ:イメージだからなんでも出来る! 波動拳、波動拳、真空波動拳!!
見学者P:今の所。
GM:PC=パソコン=プレイヤーキャラクター
ラオ:トニーPLさんは、パソコン使える環境になったら、またやろうぜ
見学者P:そのうち脳と直結していてヤバい強さの敵が登場したりするんですね。興奮します。
レイヴン:いえ、もしかしたら我々がそもそも人間じゃない可能性が微粒子レベルで
見学者A:電脳社会!
トニー:そうですね。PCじゃないとしんどいです。
GM:初GMでした、むずかしい…
レイヴン:お疲れ様でしたー!
ラオ:い、いま作るから、頑張って作るから!
まっててね!
見学者P:無駄が無いシナリオでよかったかと思います!
GM:次は見学者Pさんも一緒にやりましょう!がんばります!
見学者P:次回開催予定を連携いただけれればそれはもう是非是非。
ファンタジー分は別卓の方で補給できてますからサイバネ分はこちらで!
レイヴンPL:久しぶりにPLやると、意外と生活風景がプレイ中の脳内イメージに直結してくる感!
トニー:楽しかったからやりたいけどPCがどこまで出来るか…

メガネは里帰りでしばらく居ないかも
見学者A:あらら、お気を付けて……>里帰り
GM:後二日でも出来ますよ、次は攻略です。進入です。
レイヴンPL:ソフトのバリエーションが増えるとキャラ特性がさらに出しやすくなって嬉しいかもしれません。
ラオPL::もっと攻撃力をくれ、もっとだ!
トニー:あ、里帰りはメガネがいなくなるというネタ設定ですw

実際は今、親戚の家です。
ラオPL::防御? 要らねぇ、攻撃力だ! 攻撃ソフトをくれ!
見学者A:ああ、なるほど>PCが
GM:ソフトのバリエーションは考えておきます!振り直しとか攻撃支援か
レイヴンPL:潜入系なら、データサーバの暗号化をぶち破るとかステルスして一時的に見つからなくなるとかも面白いかもですね。
ラオPL::ラオはすでに、一番上の攻撃ソフト使っているんだもーん
レイヴンPL:(その辺は戦闘システムでもいけるかな)
ラオPL::もっと強い武器、いや、攻撃ソフトくれよー!
見学者P:敵の判定を妨害するソフトや味方の判定を補助するソフトを所望します。
ラオPL::脳筋キャラなんて久しぶりだぜ! HAHAHAHA
GM:(会社のレーダー?的な者はあるのでステルスはよさそう
トニー:ファイヤーウォールを把握しつつのバトルは難しかった印象(主観です)
見学者A:他者回復系・支援は無いかんじなんですかねー
レイヴンPL:回復周りは割と寛容ですよね。自動回復ソフトもあるし
ラオPL::電脳世界で脳筋キャラ……意味が分からないけど、仙人だから仕方ないよね……
レイヴンPL:他者回復はファイアーウォール他者がけとかが精一杯かな?
GM:他者回復もいるよね、今回絶対に必要だと思った。(敵Aさん)
MP1です
GM:敵BさんはHP1です
レイヴンPL:画面の向こうの仲間のパソコンを冷却するソフト!
それもそれで謎だわ・・・。
ラオPL::あ、いま思ったんですけど、げせたんRPGだけじゃなくてさ、2D6の大河系なら
見学者P:画面の向こうの仲間のディスクトレイを開け閉めするソフト!
ラオPL::1D6+6にするスキルがあっても面白いと思うんだよなぁ
GM:とち
 6にするスキルがあっても面白いと思うんだよなぁ (コロコロ…) 1D6 : 2 [ 計:2 ]
ラオPL::ちょ、見学者Pさんのマジウィルスじゃないですか!
ああ、頭に1D6+6って入れちゃったから……
レイヴンPL:いまどきのウィルス対策ソフトならはいて捨てられそうな基本ウィルスですね、フフ
ラオPL::スキル【ダメージの確実化】2D を 1D6+6にする
見学者A:確かにそれならダメージ安定しますね
GM:仲間の処理速度をアップするが自分の処理速度をダウンさせる(つまり処理を間貸しさせる)
ラオPL::最大値は12で変化ないけど、期待値は7から9になる
GM:HPの最大値の移動スキルとかもいいかな。
見学者P:ネットワーク特有の要素だとどんなのがありますかね。
ハニーポットでカウンター攻撃とか。
GM:ダミー系統はぜひとも追加したいですねー
レイヴンPL:そのうち作りたいハッキングゲーの参考にさせていただきますゲヘヘ
見学者A:発案:一時的に誰かの能力(ソフト)をコピー、使用可能(借り先ダイスでランダムとか)
GM:防衛では設置できて探索ではダミーかどうか見極めれるようになるソフト!
見学者P:多重ログインしてHPとMP1/3のPC1体を追加するツールとか。空蝉だこれ!
GM:分身!
レイヴンPL:HP=耐えられる処理負荷ですから分身もありかもですね
GM:HPの最大値を一時的に下げそうなソフトだわ…
ラオPL::HP=処理負荷なら、処理負荷を掛けて分身、そして連続攻撃
おお、仙人っぽいぞ
見学者P:いっそサブマシンを導入してアバター複数で飽和攻撃を
トニー:ソフトは、「スキル」の位置づけですね。
GM:かばう系統の技もいりますねっ。
そうなんですよ!>ソフト=スキル
レイヴンPL:まああんまり過激なの増やすとバランス取りが大変なのでうまいこと調節していただきたい所存ですウフフ
チート組み合わせがあったらすぐ試すぞーハッハッハ!
見学者P:これはテストプレイのための切実な行為なんだ!ハァーッ!ハァーッ!
ラオPL::急がないで徐々に準備を整えるのですよ、その方がいい、ホントにその方がいいって
レイヴンPL:バランスブレイカー探しはまるでセキュリティをほじくり返す行為に近い
見学者P:テストバリエーションは網羅すべきですね?
GM:必要です!